スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<核密約>岡田外相、佐世保で謝罪(毎日新聞)

 岡田克也外相は24日、米海軍佐世保基地がある長崎県佐世保市を訪れた。市役所で朝長則男市長と会談し核密約問題について「国として市に不誠実な対応をしてきた。心からおわびしたい」と謝罪した。市と議会が核持ち込みの有無など質問書を外務省に提出していたことに応えた。

【関連ニュース】
日米行政協定:米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」
普天間移設:5月末決着…米大統領への首相の直談判不発
岡田外相:核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪
密約開示判決:「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調
沖縄返還文書訴訟:岡田外相「控訴の可能性」

夏の高水温に強い、珠の光沢に深み 三重県水産研のスーパーアコヤガイ(産経新聞)
県外移設「なかなか難しい」=大会出席するも態度留保-仲井真知事(時事通信)
高速「原則無料に」 政権公約で民主研究会 消費税引き上げ示唆も(産経新聞)
舛添氏に反発?中村元建設相が改革クに離党届(読売新聞)
「経歴傷付いては」東大の不正調査で虚偽報告(読売新聞)
スポンサーサイト

<山崎宇宙飛行士>「ママ、お帰り」家族ほっと(毎日新聞)

 「ママやったね。お帰りなさい」--。山崎直子さん(39)が無事、地球へ帰還した。15日間の奮闘を、家族や友人、同僚たちはほっとした気持ちで迎えた。

 山崎さんの夫大地(たいち)さん(37)と長女の優希ちゃん(7)は、ケネディ宇宙センター内の滑走路でスペースシャトルの帰還を見守った。

 大地さんは「最高の朝日に照らされて目の前を猛スピードで駆け抜けていくシャトルの姿はものすごく格好よく、そして本当に素晴らしい着陸でした。今はただただ心からほっとしています。妻には『お帰りなさい。本当に長い間よくがんばりました。お疲れ様でした』と言ってあげたい」。また、優希ちゃんも「ママの夢がかなって宇宙から無事に地球に帰ってきてくれてとてもうれしい。おうちに帰ったらいっぱい宇宙のお話を聞きたいです。いつか、パパとママと優希で宇宙にも行ってみたい」とのコメントを寄せた。

 ◇JAXAでも歓声

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の情報センター「JAXA-i」(東京都千代田区)では、家族連れや関係者ら約80人が大型画面で帰還を見守った。滑走路に近づいたディスカバリーが映ると「わあ」と歓声が上がり、着陸を確認した後、ほっとした表情で拍手を送った。

 打ち上げ時も同センターを訪れたという東京都北区の石井杏吏(あんり)ちゃん(7)は、テレビなどで山崎さんの活躍の様子をずっと見ていたといい、「無事着陸してよかった。私も宇宙に行きたい」と笑顔で話した。

 山崎さんが宇宙で着た和服の染色を担当した舞踏家団体「菊の会」の中村容子さん(32)は「重要なミッションを終え、無事に帰ってきてくれた山崎さんに、心から『ご苦労様でした』と伝えたい。日本の文化を宇宙から世界に発信してくれたことにも感謝しています」と語った。【奧野敦史、大場あい】

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:地球帰還、20日に延期…気象条件悪く
山崎直子さん:宇宙で刻む家族の歴史
山崎宇宙飛行士:ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ
山崎直子宇宙飛行士:アームを操作しシャトルの機体点検
山崎直子宇宙飛行士:アーム操作し帰還に向けシャトル点検

<チリ大地震>中部沿岸部で津波4時間以上 早大調査で確認(毎日新聞)
<文化財保護法違反>30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い(毎日新聞)
<警察庁長官狙撃>アレフが違反調査請願(毎日新聞)
舛添氏トップ維持、鳩山首相は5位=2位に菅、渡辺氏並ぶ-次期首相候補(時事通信)
水戸の川端康成展に岡本かの子の未公開書簡 整理ごとに発見 文豪の親交に光(産経新聞)

<天皇陛下>皇居の苗代に種もみまく(毎日新聞)

 天皇陛下は13日、皇居内の苗代に稲の種もみをまいた。うるち米「ニホンマサリ」と、もち米「マンゲツモチ」の種もみを1区画に約150粒ずつ、計20区画にまいた。

<超小型衛星>11年8月打ち上げ 星の位置など観測(毎日新聞)
「ネバーギブアップの精神評価」=沖縄知事(時事通信)
教会に消火器連続?投げ込み事件…50件以上も(読売新聞)
リン・チーリンが元恋人のF4ジェリーに貢献、ドラマ共演のキムタクは「大スター」―香港
虐待 老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)

海洋観測装置に不具合=一部データ取得できず-気象庁(時事通信)

 気象庁は8日、地球温暖化監視や海洋環境把握のため行っている海洋観測で装置に不具合があり、一部のデータが取得できなかったと発表した。
 海洋観測は1967年から定期的に実施。水温や海水中の成分、汚染物質、洋上大気と表面海水中の二酸化炭素濃度などを測定・分析している。
 データ取得に失敗したのは、昨年9月~11月と今年1月~2月の2回の航海。二酸化炭素濃度が異常に高かったため装置を調べたところ、海水や空気を取り込む配管の継ぎ手3カ所に緩みがあり、船内の空気が混じったとみられる。 

【関連ニュース】
CO2削減を義務化=国内初、ビルや工場が対象
25%減でも経済成長可能=温暖化対策で試算
独自の排出枠制度を検討=直嶋経産相
中国銀、環境配慮型住宅ローンを取り扱い=広島市条例に協賛
電気自動車のタクシー運行=都内で初

高速道上限制 負担減?増? 評価も不満も(河北新報)
東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
民主岐阜県連が体制刷新を要求 小沢氏更迭論が背景(産経新聞)
<パワハラ>部下男性に「事務長が退職強要」 北海道千歳高(毎日新聞)
融資会社偽装、振り込め詐欺=容疑で8人逮捕、被害総額5億か-岩手(時事通信)

警察に相談、逆に追及されてネット詐欺ばれる(読売新聞)

 インターネットオークションで金をだまし取ったとして、愛媛県警松山南署は6日、松山市和泉南、無職久保光司容疑者(25)を詐欺の疑いで逮捕した。久保容疑者は容疑を認めている。

 発表によると、久保容疑者は昨年11月5日頃、オークションサイトに所有する携帯電話1台を出品。売るつもりがないのに、落札した東京都足立区のパート女性(33)に「入金を確認して発送する」とうそのメールを送り、久保容疑者名義の郵便局口座に1万円を振り込ませた疑い。

 久保容疑者は先月、「知人に携帯を貸したらオークションに勝手に出品され、落札者から電話が相次ぎ困っている」と同署に相談。説明に矛盾点が多く、追及したところ容疑を認めたという。同署は十数件の余罪があるとみて調べている。

大阪市の平松市長、橋下知事の「大阪都」構想を批判 「幻想、目くらましだ」(産経新聞)
園遊会に浅田、高橋両選手ら(時事通信)
<自民・若林正俊氏>参院採決で代理投票…民主が懲罰動議(毎日新聞)
<威力業務妨害>商品にカッターの刃…都内のコンビニ3店舗(毎日新聞)
<脳卒中>速足女性はリスク減 毎分80メートルで発症低く(毎日新聞)

冬賞与、初の40万円割れ=減少率最大の9.3%-厚労省調査(時事通信)

 厚生労働省が31日発表した毎月勤労統計調査(確報、従業員5人以上)によると、2009年11月から今年1月までに支払われた冬のボーナスは平均38万258円で、1990年の調査開始以来、初めて40万円を下回った。前年冬と比べた減少率は9.3%と過去最大だった。毎月の収入が低迷する中でのボーナスの落ち込みは消費マインドを一段と萎縮(いしゅく)させ、物価が持続的に下落するデフレの長期化要因になりそうだ。
 厚労省は大幅減の理由として、世界的不況を受けた企業の人件費抑制に加え、「ボーナスが極端に低いパートや派遣など、非正規労働者の増加も影響した」とみている。
 ボーナス減少率を業種別に見ると、製造業の14.8%(平均支給額43万7406円)、卸売・小売業の11.0%(同27万7112円)などが目立つ。全14業種のうち、増加したのは建設業など3業種だけだった。
 一方、同時に発表された2月分の調査結果(速報値)によると、基本給や残業代などすべて合わせた現金給与総額は、全産業ベースで前年同月比0.6%減の26万4456円と21カ月連続のマイナスだった。残業代など「所定外給与」が8.7%増加したものの、「所定内給与」が0.9%減少した。 

【関連ニュース】
デフレ脱却議連が発足=民主
デフレ議連、30日に設立=政府・日銀の取り組み議論
計3回、殺虫剤を混入=「給与格差で報復」と呂容疑者
首相記者会見の要旨
郵貯限度額、修正に否定的=30日の結論目指す

元副社長ら2人追起訴=トランスデジタル架空増資-東京地検(時事通信)
ロゼワインの季節、メルシャンが「オフ会」(産経新聞)
谷垣氏が民主党不祥事続発を追及(産経新聞)
未承認薬・適応外薬の開発要望評価が難航(医療介護CBニュース)
<囲碁>山下・井山がプレーオフ…本因坊戦リーグ(毎日新聞)

【選抜高校野球】帝京 快音なし4強逃す(産経新聞)

 ▽準々決勝

興 南(沖縄)

 001 001 300-5

 000 000 000-0

帝 京

 (興)島袋-山川

 (帝)鈴木、山崎-安尾

▽二塁打=園田、安尾(帝)

                   ◇

 ◎…アルプス席には1回戦で戦った神戸国際大付から託された千羽鶴が揺れていた。初めてマウンドに立つ鈴木。「強気の投球を見せて」と母、資子さん(42)が見つめる中、先頭打者の打球をグラブではじいて一塁でアウトに。後続も変化球を軸に打ち取り、上々の滑り出しだ。

 ◎…試合が動いたのは2巡目に入った三回表。安打と犠打で1死二塁のピンチに、前試合まで8連続安打と好調な興南3番・我如古に右前適時打で先制を許す。それでも、2試合を終盤の逆転劇で制した帝京だけに、「必ずひっくり返してくれる」と応援団長の田伏要君(16)は断言。だが、アルプス席の願いとは裏腹に、チームは回を重ねても流れをつかめない。

 ◎…六回にスクイズで追加点を奪われると、七回にはここまで踏ん張ってきた鈴木が2死から3連打を浴びた。代わった山崎も興南の勢いを断ち切ることができず、この回に3点を奪われる。頼みの打線も犠打を連続して失敗するなど、帝京らしくないミスが続く。七回以降は三者凡退で、まさかの完封負け。しかし、うつむく選手らに、スタンドからは「必ず戻ってこい」と夏への期待の声がかけられた。

                   ◇

 ●帝京・前田三夫監督「ひと言で言えば完敗。攻撃陣が島袋投手に力負けしてしまった。守備の乱れも大きく響いた」

 ●帝京・小林孝至主将「好機に1本が出なかった。ベスト4の壁は厚かったが、夏までに打撃を強化して戻ってきたい」

                   ◇

 ≪帝京3年 吉岡駿・二塁手≫

 ■「また特訓」夏へ成長誓う

 七回。初球から思い切り振ったが、バットの先端に当たった打球は失速。この中飛が大会最後の打席になった。「甘く入ってきたのでいけると思った」。悔しそうに振り返る。

 苦悩の末、たどりついた2度目の甲子園。昨夏の大会後はスランプに陥り、秋にはスタメンを外されたこともあった。「球が打てない」。たまらず、父、優さん(43)に相談した。

 「あれをやるか。腐らず地道にやれ」。優さんが提案したのは、中学から不調の度にやってきたバドミントンの羽を打つ練習。連日、親子特訓を続けた。

 徐々に復調し、迎えた春の舞台だったが、ベスト4には届かず、自身も1安打にとどまった。「父のためにも打ちたかった」と唇をかんだ。

 それでも、まだ夏の機会が残っている。「絶対に4強に入るために、また特訓をします」。悔しさを糧に成長を誓った。(行場竹彦)

<消費者基本計画>食品表示一元化検討へ 政府、閣議決定(毎日新聞)
「道頓堀くくる」名物のタコ看板はオスだった!(産経新聞)
大阪・和泉寺跡から泉南を統治した地元豪族名の瓦が出土(産経新聞)
拉致問題 被害者家族会が蓮池透さんの退会発表(毎日新聞)
亀井氏支持、閣内の異論に違和感…郵政政策会議(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。